資生堂クレドポーボーテのヴォワールブランの口コミ

テクスチャーはとろみが重めで、しっかりしています!色は濃い目の肌色っていった感じ??
だからなのか、すごーーくよく肌をカバーしてくれます。
私は子供の頃からものすごいソバカスで、一度も「シミのない綺麗な肌」というのを経験したことがなくて
それがものすごいコンプレックスでした。
でも資生堂のクレ・ド・ポー ボーテのヴォワールブラン(美白ライン)は、カバー力が強くて本当に最高だと思っています。
結構、下地を塗る時に手の指紋の隙間に茶色いテクスチャーが入り込んでしまって、朝の忙しい時間帯に時間をかけて洗わないと手がベタベタしたままなのが
ちょっと不満の一つ。
あと、すこしだけ値段が高いかな?とは思っています。
とはいえ、カバー力が高いから、これからも使い続けると思います。

ヴォワールブランを比較してみた!

ヴォワールブラン VS RMKの下地

前は、別のブランドのものを使っていました。
下地、ファンデーション共にRMKのロングラスティングUV(結構SPFが高く、UVカット効果が高いもの)を使っていましたが、
そっちと比べたら、全然違います。
まず、色が全然違う。
RMKのロングラスティングUVは、色は少し透明がかった真っ白で、テクスチャーはものすごくサラッサラです。
クレドポーボーテのヴォワールブランはとろみがかっているので、その辺りも全然違います。
塗り心地はサラサラであまりつけた感じがしないです。だからなのか、カバー力がほとんどないのです。
下地はメイクの一番初めに使うので、その後からずっと指紋の隙間に液体が詰まってしまうのは、その後のメイクのしづらさにつながるので
嫌な所ではありますが、やはり他社ブランドと比べてカバー力がある、付きがいい、といった具合に、私はクレドポーボーテのものを使い続けます。

ヴォワールブラン VS マキアージュ(下地)

結構保湿力がいいので乾燥肌タイプ向け。逆に皮脂多めタイプはベタつきが気になるかも。ピンク色強めなので、肌の色が健康的な感じになります!いつものメイクで白塗り感が気になるなら断然おすすめ。疲れて顔色が悪い時でも誤魔化せます!(笑)元々赤みが強いなら選ばないほうがいいです。赤みが増えて不自然なメイクになりそう。それくらいかわります。チークで顔色を調整するよりも全体が自然な感じになるので、ナチュラルメイクにも向いてるかも。化粧崩れも少なかったので結構優秀だと思います。量は多くないけど薄めに塗っても問題なし。でも結構値段高めなので、コスパがあまりよくないのがなかなか難しいところ。もうちょっと値段が安ければなぁ。

 

同じ資生堂のドラマティックスキンセンサーベースUVより発色がいいので、メイクのタイプと自分の肌色に合わせて選ぶのがいいかも。逆に化粧の崩れにくさはドラマティックスキンセンサーベースUVには負けるので、仕事とかでメイクしたままの時間が長いし、なかなか化粧直し頻繁にできないし、みたいな感じなら日によって使い分けするといいと思う。ぺったりした白塗り感がなくなるだけで本当に自然な感じのメイクになるから、いわゆるチークだけ目立つような不自然メイクになってしまうならこの下地はアリ。クリーム感が強いので、ベタつきが苦手なら選ばないほうがいいかも。値段が少し高いけど、発色のいい化粧下地探してます!な人にオススメ。

 

クレ・ド・ポー ボーテの化粧下地 ヴォワールコレクチュールの口コミ

資生堂のクレ・ド・ポー ボーテのヴォワールコレクチュールを使用していました。毛穴・シミのカバー力はやはりこちらがダントツ良かったと思いますが、しっとり×さらさらのバランスはMAQuillAGEも同じくらいかなと思いました。

 

高級ラインのクレドポーと比較するのはあまり意味がないかもしれませんが、クレドポーは40gで約6000円、MAQuillAGEは25gで約2600円なのでカバー力を気にしない方はMAQuillAGEの方がお得かと思います。

 

クレドポーの方はムースのような液体でファンデのようなカラーなのでMAQuillAGEに比べて透明感は少し出にくいような気がしました。

クレ・ド・ポー・ボーテの化粧下地の成分

水,ジメチコン,BG,イソヘキサデカン,グリセリン,酸化チタン,エタノール,ポリメチルシルセスキオキサン,PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン,メトキシケイヒ酸エチルヘキシル,ナイロン-12,トリイソステアリン,ジステアルジモニウムヘクトライト,エチルヘキサン酸セチル,シリカ,エリスリトール,キシリトール,ネオペンタン酸イソデシル,フェニルベンズイミダゾールスルホン酸,トリメチルシロキシケイ酸,イザヨイバラエキス,アセチルヒアルロン酸Na,(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー,加水分解コンキオリン,加水分解シルク,TEA,イソステアリン酸,ジステアリン酸Al,水酸化Al,EDTA-2Na,アルミナ,BHT,トリエトキシカプリリルシラン,トコフェロール,テトラヒドロテトラメチルシクロテトラシロキサン,テトラデセン,フェノキシエタノール,香料,酸化鉄,マイカ

クレ・ド・ポーと比較するならマキアージュで十分かも♡

MAQuillAGEと同じくらいの価格帯のドラッグストアコスメですとESPRIQUEのテカリくずれ防止化粧下地EXを使用してたことがありますが、こちらよりMAQuillAGEのほうが皮脂を抑えてくれてると思います。ESPRIQUEもさらっとした液体ですがカラーがブルーグリーンなのでカラーコントロール効果に期待して購入しましたが薄付きだからなのか私の肌ではあまり効果を感じませんでした。

 

保湿力もMAQuillAGEの方が上かなと思います。

ページの先頭へ戻る