春に使うべき化粧下地ランキング

 

資生堂マキアージュドラマティックスキンセンサーベースUVは日焼け止め昨日もあるから、気温差が激しい春におすすめ

混合肌で、気温や湿度によってべたついたりかさついたりお肌の悩みが尽きませんが、こちらの下地にしてから、テカリもかさつきも落ち着きました。
どちらの肌質や環境にも対応するように作られているようで、気温の変化が激しい春にもってこいだと思います。

 

薄ピンク色の乳液のようなテクスチャーで、塗った感じはさらっとしています。塗っただけで肌が整ったように感じ、顔色が明るくなり毛穴も薄くなります。
しかし決して厚塗りという感じはしません。「素肌が綺麗になった」という自然な印象で、とても気に入っています。

 

こちらに同じ資生堂のファンデーションを使用すると、初夏まで「綺麗な素肌感で崩れしらず」といっても過言ではありません(主に室内、時々外歩きの仕事)
SPF25・PA+++なので、紫外線が気になる方は日焼け止めのから上こちらの下地を塗ると、ファンデーションのよれや崩れも防いでくれます。
おススメです。

 

神組み合わせ
→資生堂マキアージュ ドラマティックパウダリーUV

 

エリクシール ルフレ おしろいミルクは、紫外線が強くなってくる春でも大丈夫!

 

おしろいミルクは厳密にいうと朝用乳液なんですが、「下地いらずの朝用乳液」ということで、これひとつで乳液と下地を兼ねている商品です。
ほんのりピンク色の乳液で、かなりサラッと伸びて、肌がもっちりと潤います。乾燥肌の私にはかなり重宝しています。
これひとつで毛穴の目立ちやテカリもカバーしてくれますし、透明感やトーンアップもしてくれるので、朝の忙しい時間にはとてもおすすめです。
テカリ・毛穴を自然にカバーしてくれるだけでなく、SPF50+PA++++というUVブロック効果の高い乳液なので、だんだん紫外線の強くなる時期の4月から5月の春におすすめです。
日焼け止め特有のベタベタ感やにおいもしないですし、しっかりと潤ってカバー力もあるので、とにかくとても使い勝手がいい商品だと思います。

 

レブロンのカラーステイ メイクアップと一緒に使ってます♡

 

資生堂エルクシールホワイト デーケアレボリューションC+

混合肌(かさつく箇所とべたつく箇所あり)です。
春になり気温が上がってくると気持ちがよいのですが、気になるのは紫外線です。SPFの低い下地を使用していると、外に出たときに時に太陽が頬にじりじりくると不安になります…。

 

そんなときにはこちらの商品を使用しています。「日中用美白乳液」として販売されていますが「朝の乳液+UVケア+化粧下地」と3役を兼ね備えているそうです。

 

自分の支度だけでなく、家族の支度などで時間に追われるバタバタと忙しい朝に時短になり、大変に重宝しています。
クリーム状で、少し日焼け止めのような香りがします。塗ると伸びがよいです。日焼け止めを下地にしたときと比べるとファンデーションもしっかりついてくれます。

 

毛穴も目立たず、肌のきめも整って見えるので春から夏の終わりまで何度もリピート買いをしています。

 

「時短はしたいけれど、SPFはそこまでなくてもよい」という方には、SPF30の「デーケアレボリューションC」もあります。

 

資生堂のファンデーションであれば何でも合うかと思います。(他メーカーのお気に入りのファンデーションも使用してみたのですが、同じメーカーを使用したほうが、
肌なじみが良かったです!

 

ポールアンドジョーのモイスチュアライジングファンデーションプライマーは春っぽい香りがして女子力あがる♡

 

やや脂性肌よりの標準肌タイプですが、冬から春にかけては頬の周りが乾燥してしまいます。このモイスチュアライジングファンデーションプライマーは保湿力がとても高く、下地だけでふっくらもっちり肌に仕上がります。

 

また、パッケージがとても春らしくかわいらしいうえにお花の香りがして、春に使うととても気分が上がる点もとてもよいと思います。また、下地自体にややピンク味がかった色がついているため、肌色の補正もしてくれます。毛穴もきちんと埋めてくれるので、後に乗せるコンシーラーやファンデーションのノリをよくしてくれます。

 

ファンデーションはリキッドタイプでもパウダリータイプでも相性よく乗せられます。この下地を使っていて、崩れやすいと感じたことはありません。とても優秀な下地だと感じています。

 

神組み合わせ
→マキアージュのドラマティックパウダリーUV

 

マジョリカマジョルカのミルキースキンマスクは桜メイクと相性よし!

洗顔後に化粧水をつけたあとにこれをつけるのですが、スキンミルクや美容液やマスクの役割を担っているので、乾燥肌、オイリー肌、混合肌、敏感肌、全てのお肌に使えます。
仕上がりは今注目の「艶のある肌」です。その中でも潤いがとくに強調される仕上がりとなっています。
そしてもっと嬉しいのが、白肌にしてくれることです。オルチャンメイクやトレンドのメイクには欠かせない白い肌を、ベースの段階で仕込むことができるのです。
商品パッケージのような日本人のイエローベースによく似合う白肌に変身。トレンドやなりたい顔にパパっとなれることを助けてくれます。
この白い肌こそが春に大変おススメの理由です。白い肌を手に入れるとカラーを取り入れたメイクが映えるようになります。

 

春の代表でいうと桜メイクでしょうか、この白肌との相性が抜群なのです。

 

きっとシリーズ使いでマジョリカマジョルカのファンデーションを使えば良い仕上がりになりそうです。

 

でも注意していただきたいのが、この下地をつかうと肌のトーンがアップするので、いつもよりもちょっと暗めの色にする必要があります。
やっぱり艶が魅力の下地なので、リキッドのファンデーションで仕上げるとみずみずしい肌が作れる期待が持てます。

 

ローラメルシエ ファンデーションプライマー ハイドレーティングは季節の変わり目におすすめ

特に乾燥肌の方におすすめです。
春は季節の変わり目や花粉で肌が荒れる人も多いと思います。

 

テクスチャーはまさに、乳液です。
お肌ぬると乳液みたいな感じで、潤って、毛穴をなくしてくれます。
色は白いですが、お肌にぬると透明になります。
シミやそばかすなど気になるところがある人はコンシーラーも合わせて使うといいと思います。
毛穴はカバーしてくれて、さらさらにしてくれます。
この乳液をぬってからファンデーションをぬったあとでも乾燥しなくなりました。くずれやすいということもありません。ファンデーションをぬったあとてももぷるぷると潤ってくれます。特に冬と春に使うのがおすすめです。匂いもないので、匂いがついているのに苦手な方にもおすすめできます。

 

この下地には何にでも合うと思いますが、私はイプサのファンデーションを使っています。

 

素肌記念日のフェイクヌードクリームは紅茶のいい匂いがして、新しい出会いに乾杯

 

おでこだけテカったり皮脂が過剰なのに頬や鼻は乾燥しがちな混合肌です。
この製品の最大の特徴はスキンケアクリームとしても使うことができるところです。春はまだまだ乾燥していて、今日は暖かいから大丈夫だと思っていたのに意外と乾燥がひどくて肌の水分量が足りない、というようなことが結構あります。そんなときに保湿剤として使うことができ、化粧直しの工程も少なくすることができるのでたいへん便利な商品です。

 

また、他の化粧品では嗅いだことがないような紅茶のいい香りがして新しい出会いが多くなる季節に好印象をみんなに持ってもらうことができます

 

顔に塗るものなので自分自身もその香りを楽しむことができ、使用するたびにリラックスできますよ。

 

素肌記念日に合うファンデーション
→マキアージュのドラマティックパウダリーUV

 

セザンヌの皮脂テカリ防止下地 ピンクは花粉症の赤みを消してくれます!

 

口コミで高評価だったため,使用してみました。
油肌タイプです。
仕上がりは,さらっとしていて,毛穴もカバーしてくれます。
さらに,時間がたってもテカリが気になることがなく,ファンデが崩れることもありません。
毛穴の凸凹などもうまく隠してくれます。

 

また,ピンクタイプはうまく赤みを隠してくれるため,花粉の多く飛ぶ季節である春でも,花粉によって荒れた肌をうまく隠してくれます。

 

肌を均一にしてくれるため,毛穴にコンプレックスがある方にお勧めです。
私は,肌が自黒のため,トーンアップも望めます。
さらに,さらさらのため肌に油分の多い方におすすめします。
私自身,油肌タイプでこれまではすぐにファンデが崩れてしまっていましたが,この下地を使った結果,長持ちすることになりました。

 

→KATE パウダリースキンメイカー00と組み合わせがおすすめ

 

オンリーミネラル ミネラルエッセンスBBクリーム ライトオークル

 

"額や鼻は冬場でも皮脂が出やすく、凹凸はないけれど毛穴が見えてます。
頬は乾燥しやすい肌質です。
ほんの少量で、顔全体に広げられ伸びもよいです。
しっかりカバーするというよりは気になるところをぼかす感じ。
薄めのシミはほぼ隠れて、目立たなくなります。
自分の皮脂と馴染んでギラギラしない自然なツヤ。
夕方になって少し鼻周りに少し脂が浮きますが、汚く崩れませんでした。
そのまま夜まで化粧直ししなくてもいいくらいです。
直すとしても、浮いた脂をそっと取るだけですが。
石鹸の一度洗いで落とせて、刺激やボツボツなども出ないし、むしろ肌が元気です。
潤いが持続するので、春先の気温の変化に対応できます。
暖かくなってきても肌はまだ乾燥しやすいので、そんな季節に合うと思います。"

 

オンリーミネラル ミネラルモイストファンデーション

 

 

サーメージ トーンアップリフティングバーム

肌質は乾燥肌です。ずっと氣になっていて今春初めて使い始めました。 想像以上に良く、「2本買えばよかった。」と、後悔してます。マットなのか艶なのかよくわからないシーズンは、お化粧する事自体が面倒臭い!これは化粧水の後にグイっと引き上げるだけ。美容液がバーム状のカッサになっていて、リフティング効果もですが、毛穴がわからなくなりました。艶消しっぽい感じで、小鼻から?にかけて何でしょう。磨りガラスみたいな感じ?になれました。オールインワンなのでちょっと心配でしたが、今のところ何事もなく手軽に使っています。 肌の色に統一感が出るので(ムラがなくなった)、地元をブラブラ歩きまわる程度なら、これ以上のことはしません。

 

私は韓国製のホリカホリカのエッセンスBBWデーションプラス…を使っています。

 

ビオレUVさらさらブライトミルク

 

脂性肌で化粧などが崩れやすい肌質だと思います。

 

いつもこのブライトミルクを塗って、ファンデーションを塗っているのですが、これまで試したものの中では、かなり崩れてきにくいと思います。これを春に使うのがオススメなのが、まずこの下地の色にあります。この下地はピンクなので、季節の変わり目や花粉症などでくすみがちな肌に明るさをくれます。

 

また、この下地は元々は日焼け止めでもあるので、実は強い春の紫外線からきっちり守ってくれます。仕上がりは、この下地だけではカバー力などあまりなく、明るさをくれるだけかもしれません。ただ、ファンデーションを上から重ねると、ファンデーションがうまく伸びてくれて、崩れもしないのでおススメです。

 

キャンメイクのマシュマロフィニッシュパウダー

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る